2017年度 CarSim講習会 応用編(ADASセンサーと交通流作成)

  • ねらいと概要

基本的な操作方法を習得された方を対象として、ADAS関連のシミュレーションに応用できますセンサーとオブジェクト機能の基本的な使い方を習得していただきます。併せて応用事例をご紹介いたします。

  • 内容

@ 交通流オブジェクト

・  入出力変数

・  単数オブジェクト設定 (Moving Object画面)

・  複数オブジェクト設定 (Multiple Moving Object画面)

・  路面とオブジェクトの関係

・  実習

A ADASセンサー (13:00〜14:00 1.0H)

・  ADAS Sensors for Range and Tracking画面

・  実習

B ADASセンサー搭載車両の走行環境事例 (14:00〜15:00 1.0H)

・  交差点路面と他車両、歩行者の設定例

・  実習

 C 応用操作事例 (15:00〜15:30 0.5H)

・  MATLAB/Simulinkによるオブジェクト位置の操作事例

・  Configurable Function によるオブジェクト位置の操作事例

・  MATLAB/SimulinkによるADASセンサー検知角度の操作事例

 D 質疑応答 (15:30〜16:00 0.5H)

  • 受講料
    30,000円/1名様(税別)

 ※ 新規・保守ユーザーの方の優待受講についてはこちらをご覧ください。

 ※ 実習用PCは準備致します。

 開催日時              場所               定員       

 2017年7月26日(水)

 10:00-16:00

バーチャルメカニクス本社 セミナールーム 12名 申込

 2018年2月8日(木)

 10:00-16:00

バーチャルメカニクス本社 セミナールーム 12名 申込

 

 

 

 

 

 

 

セミナー一覧へ戻る