事例データセット【A: ADAS、交通流】

 

 事例画像  事例名・内容  ダウンロード
SensorImport2.png

!NEW! A-19 ADASセンサー照射方向入力変数活用事例(ver.2017用)

本事例では、リリース2017から標準搭載されたADASセンサーの照射角を動的に入力可能な変数を使い、効果的なオブジェクト検知を行う一例を紹介します。

 CarSim

TruckSim

BikeSim

A-18 テーブルマップを用いた、オブジェクトの速度・横オフセット設定(ver.2016用)

本事例では、テーブルマップを用いてオブジェクトの速度および目標軌跡からの横方向オフセット量を設定し、自車両前方に割り込む車両の動きを模擬しています。

CarSim

TruckSim

BikeSim
A-17 バックモニター事例(ver.2016用)
本事例では、VsVisualizerの機能を使い、バックモニターを模擬した画像を表示する設定例を提供いたします。


CarSim 
 A-1パーキングリトライ事例(ver.2016用)
本事例では、パーキングの環境と自車両の運転操作の設定例を提供いたします。所定の場所に駐車するために、操舵の切り返しを行います。


CarSim 
reflectiveness2.png A-15 Sensor Reflectiveness Map 活用事例(ver.2016用)
本事例では、Sensor Reflectiveness Map を使ってセンサー毎に検知できるオブジェクトを個別に設定する方法を紹介いたします。
 CarSim

TruckSim

BikeSim
A-14 VS Commands によるオブジェクト被検知境界座標出力(ver.2016用)
本事例では、VS Commands を使ってオブジェクトの被検知範囲の境界の位置の座標の出力変数を定義します。 
 CarSim

TruckSim

BikeSim

A-13 カットイン事例(ver.2016用)

本事例では、自車両の前方に別車両が割り込むように車線変更してくるといったシナリオを模擬しています。

CarSim

TruckSim

BikeSim

A-12 白線検出模擬事例(ver.2016用)

本事例では、車両前方で白線をトレースするようにオブジェクトを配置し、このオブジェクトをセンサーで検知することにより、白線検出を模擬しております。

CarSim

TruckSim

BikeSim

A-11 標識設定事例

本事例では、3種類のオブジェクト設定方法を用いて標識を設定しています。設定方法により、標識がセンサー検知対象になったり、検知しない対象になったりします。

CarSim

TruckSim

BikeSim

A-10 合流路面設定事例

本事例では、高速道路などで見られる合流路面を設定し、車両の車線変更を行っています。

CarSim

TruckSim

BikeSim

A-9 車両オブジェクトの速度制御

本事例では、VS Commands機能およびテーブルマップを利用して、車両オブジェクトの速度制御を行っています。

CarSim

TruckSim

BikeSim

A-8 オブジェクトセンサー方向の動的操作

本事例では、センサー検知範囲変数にテーブルマップの値を入力することで、シミュレーション中にセンサー方向を変更しています。

CarSim

TruckSim

BikeSim

A-7 自車両・オブジェクトの車線変更

本事例では、複数軌道や横方向オフセット入力変数を用いて、自車両・オブジェクトの車線変更を模擬しています。

CarSim

TruckSim

BikeSim
 

A-6 先行車両情報を用いた速度制御

本事例では、先行車両位置や相対速度を用いた速度制御を模擬します。

※実行にはセンサーオプションが必要です。


CarSim

TruckSim

BikeSim
 

A-5 車両の衝突と停止事例

本事例では任意のタイミングで車両に力を入力し衝突および停止を模擬します。


CarSim

TruckSim

BikeSim
 Hit.jpg

A-4 車両衝突検知事例

本事例では車両やオブジェクトの位置座標を元に VS Commands の簡単なスクリプトで衝突判定をしています。また、HUD 機能を使って衝突時に文字列を表示します。


CarSim

TruckSim

BikeSim
 Object_CF.jpg
A-3 Configurable Functionによる移動オブジェクトの表示

本事例ではオブジェクト画像の座標位置や角度を Configurable Function を使ってコントロールします。

CarSim

TruckSim

BikeSim
 JIREI_MBWVS.jpg A-2 周辺車両の移動に車両モデルを適用する事例

VehicleSim製品は、MATLAB/Simulink を用いて、S-Function を複数配置する事で複数の車両モデルを同時に計算することが可能です。これを応用して、S-Function の1つは自車両、それ以外は周辺車両の物理計算を行い、あらかじめ自車両のデータセットで設定しておいた周辺車両のオブジェクトに対して座標位置と角度情報を入力し、アニメーション上に表示します。

CarSim

TruckSim

BikeSim
 JIREI_LineSensor A-1 ラインセンサー

オプションライセンスのセンサー機能を使って、路面側方の白線をセンシングしながらの走行を模擬します。厳密には、路面の中心からの横方向の一定距離の位置をセンシングして、自車両の位置との相関情報を取得します。

※実行にはセンサーオプションが必要です。

CarSim

TruckSim

 

カテゴリー一覧へ戻る